2017.2.05

DSC02887

羊肉のミートボール、皮付きピーナッツ、ドライフルーツ、カリフラワー、にんじん、玉ねぎ、にんにく、じゃが芋、トマト、その他野菜と複雑なスパイスがおりなす香りは、旅先で少し疲れた胃袋を刺戟する。スパイスは少量でも素材の臭みをおさえ、料理の味を引き立て、胃腸薬のような役割を持ちます。絶妙な味付けの柔らかい煮込み料理と、添えられた細かいタイプの品のよいクスクスが馴染んでサラサラと胃に治まる。ツブツブ感の残る手作りのアリッサ(唐辛子ペースト)を添えていただきました。スパイスの中でも日ごろから香り良いナツメグの使用率が私は高いのですが、たっぷり使われていました。ナツメグは若返りのスパイスとしても有名です。Paris  11・マルシェ内のモロッコ料理店より〜