2020.3.09

春らしい優しい色合いのさやえんどう、最盛期は3月〜6月頃。さやえんどうにはカロテンやビタミンB1,Cが豊富なので免疫力を高める働きがあります。加熱調理はできるだけ短時間を心がけ、歯切れの良い食感を残し、栄養価の損失を防ぎます。いろどりで飾られることも多い絹さやですが、たくさん口にほうばると美味しい野菜です。
さやえんどうを冷水に5分くらい放すとピンと元気になり、熱伝導もよくなります。筋を取って調理しますが、下茹でする時は、塩に砂糖少々を加えると彩りよく青臭さが抜けます。色止めする時は冷水で冷やし、風味を大事にするならザルにおいて仰ぎましょう。オイル蒸し、お浸し、玉子とじなどシンプルに調理して、たっぷりと春の息吹を堪能してください。
中医学では、春の食養生として脾胃を健やかに保つ甘みのある野菜とされています。エネルギーを補い、体内の湿気をとり、イライラやストレス、下痢の症状を和らげます。