2020.2.08

DSC08732

辛い花粉症にお悩みの方も多いですよね。アレルギー症状は免疫が関係しているので、腸内環境をととのえる食べ物が有効です。たとえば、食物繊維が豊富な根菜類(大根、にんじん、れんこん、ごぼう)に、同じく腸によい発酵食品のみそ味噌を組み合わせた煮物などを食べるとよいですよ。同じ理由で、ゆで根菜のヨーグルトサラダなどもお勧め。このコンビは特に夜の食事にいただくようにするのがポイント。腸の動きが活性化するのが22時~翌2時頃なので、夜食べてよい菌を腸に送ります。れんこんは喉、鼻の症状に効き目がありますよ
2〜3月の花粉症の時期は、ネトルやミントのハーブティーがお勧めです。鼻がグズグズして苦しい時は、タオルを熱湯で絞って鼻にあてると少し楽になります。