2017.1.30

今年は北北西ですよ!節分の日に食すと幸福になる・縁起が良いとされる恵方巻きは大阪が発祥。海苔巻きを切らずに無言で願いごとを心中で唱え恵方(今年は南南東)に向いて食す。恵方巻きの具は7種が理想=山芋は(漢方では山の薬と書いて山薬さんやくと読むほど滋養が高い)海苔の長さに合わせて山芋、胡瓜の漬物、茹でえび、卵焼きの太さを合わせて切る。ひきわり納豆はタレを混ぜ、洗ったしそは水気をふく。海苔にすし飯適宜を広げ(手前と向こう側を少し残して隅々まで酢飯を均一に広げることが大切)ゴマを散らし、しそを敷いて具材を置き、きっちり手前から巻く(ラップでok)。山芋と胡麻は滋養強壮、漬物と納豆の発酵食は腸を元気に、卵とエビでタンパク質と彩を加え、しそは気の巡りを良くし全体の味を〆る。生活習慣病予防にも、食感のよいのり巻き。明日は韓国のり巻きレシピです