2016.1.31

写真 9

白子を購入したら、身を潰さないように筋部分を切って一口サイズの小分けにし、粗塩と酒適宜をふる。熱湯でさっと茹で(ここが肝心です、お寿司屋さんの大将のお話では約3秒!)氷水に落としてキッチンペーパーで水気を取る。さすがの北海道、鱈から出したばかりのたち(北海道では白子をたちと呼びます)なのですから鮮度が違う。さっと茹でた白子は奥の方がうっすらピンクで色っぽいくらい(写真はすし飯にのせて下さったもの)ポン酢と紅葉おろし少々とで歓喜する。フリットや天婦羅にすると表面だけカリッとして、中からトロリと流れだす白子料理も絶品。苺とバターソテーしてバルサミコでつなげる組み合わせは絶妙、茶筅で作るクリーミーな熱燗白子酒も楽し。白子にはビタミンD・B・Aなどが豊富、肌をきれいにし、視力の回復にも役立ちます。