2016.1.05

写真

年神様へのお供えものされましか?人の魂いを模したことから丸い形になり、月(影)・日(陽)を表す大小2つを重ねて「福徳」を重ねると言われています。1月11日に鏡開き(かがみびらき)をします、切るのは縁起が悪いことから包丁を使わず手やめん棒などで割って(開く)のが習わしです。このお餅をいただくことで、その年の無病息災が約束されると言われています。お雑煮やお汁粉にしたり、小さく割れたものを揚げてそのままでも、お椀に落としてもよいものです。私は毎年キッチンの年神様にも、庭の果実をちょんとのせて気持ちを込めてお供えしています。