2016.12.12

旬のほうれん草は葉が肉厚になり、甘味も増しますね。昔から鉄分が多いので、貧血などに良いとされている冬の代表野菜です。ほうれん草が食べたくなったら実際に血が足りないのかも、積極的にいただいて下さい。ビタミンCやBカロチンも多いので風邪や動脈硬化予防にも最適、五臓の働きも助けます。良質の油と一緒にとると体への吸収率が高まりますよ、さっと茹でて水気をしぼり、ピーナッツ油やごま油、塩、こしょう、おろしにんにく、鶏ガラスープの元を各少々加えたナムルもよいですし、定番の胡麻和えやお浸し、ひじきを加えるとさらに鉄分豊富。マグロと酢味噌和えにした組み合わせ、豚肉との相性は味だけでなく効能が高まります。ほうれん草は早めに使いきりたいですが、保存する時は新聞紙などで包んでポリ袋に入れ、立てて野菜室に入れましょう。