2020.2.04

DSC08703

脂がのった寒ぶりは、答えられない美味しさです。ぶりは出世魚で関東ではわかし・いなだ・わらさ・ぶりの順で呼ばれ、30㎝位のいなだまでなら私も釣った事があります。ちなみに関西ではつばす・はまち・めじろ・ぶりと呼び名が変わります。さばいてから少し寝かせても美味しく、元々寒ブリには力強さがあるので日持ちもします。先日、氷見から届いた10キロのぶりと格闘しました、お刺身やしゃぶしゃぶ、カマの部分は塩をキツめにふって炭でパリッと焼き、大根おろしと柚子果汁を絞って。血合い部分は醤油とみりん、柚子数切れに漬けました。
鰤はDHAが豊富で、血液をサラサラにし、疲労回復にも効果的です。脳細胞内にDHAが増えると記憶力の向上やアルツハイマー予防になると言われます。
熊本には「嫁ぶり」なる文化があります、結婚して迎える初めてのお正月に、婿方からお嫁さんの実家に鰤を送る風習があるのです「大切なお嬢様を頂いて有難うございました」、ご挨拶なのだそうです、なんともステキですね。