2020.8.27

豚肉・酢豚・疲労回復・黒酢

疲れた時や暑い季節は豚肉に限ります。豚肉のビタミンB1は体に効率よく摂取でき、にんにくや玉ねぎなどと組み合わせると疲労回復効果がさらに高まります。まだまだ暑いので、酢を使った酸味や果物を加えた酢豚などはクエン酸効果もあり、美味しく感じます。豚肉に含まれるポークペプチドは酵素と合わせると、血液中のコレストロールを下げ、脂肪を燃焼させる効果があります。例えば酢豚に入るフルーツとしてパイナップルなどがありますが、その酵素が有効に働くので料理として理にかなっています。ジュースでもOK、お肉を柔らかくする効果と、甘みや香りのエッセンスもつきますね。
その他に、パパイアやキウイなどにも酵素がたっぷり含まれています。酢豚のタレ2人分です(水1カップ、鶏がらスープの素大さじ1、きび砂糖大さじ2、黒酢大さじ3、片栗粉大さじ2、醤油大さじ2、オイスターソース大さじ1半を混ぜながら加熱し、とろみをつける)後はおろし生姜と醤油で下味をつけて揚げ焼した豚肉と旬野菜、好みで果物を合わせるだけです