2018.12.11

大根を厚切りにしてじっくりゆっくり煮込みました。昆布出汁だけでもとても甘くて美味、冬ですね。大根を下茹でしてから煮ると余分なアクや雑味が消え、特にあさり鍋などの繊細な出汁のシンプルなお鍋はグンと旨味が引き立ちます。煮物にするなら大根の真ん中の部分が旨味があるのでお勧め、上の方はビタミンが多くシャキシャキして甘みが有るのでサラダなどに良いですね、下の方は酵素が特に多く辛味があるのでおろしに向いています。大根おろしは胃もたれによいものですが、興奮状態を押さえたり、ストレスを感じだ時に気持ちを落ち着かせる効果もあります。葉にはビタミンC、カリウムがたっぷり、よく洗ってみじん切りにして塩もみしていただきます。胡麻油やオリーブオイルで炒めると、抗酸化作用のカロテンの吸収率がアップしますよ。
沢庵などを漬けるとき、皮ごと大根と葉を干しますが、大根葉(干葉ひば)をお風呂に入れ体を温める民間療法がありました。