2020.2.24

写真 3

風邪をこじらせ、プチ味覚障害になっている娘。亜鉛を摂取するように病院でも言われたようで、こんな時頭に浮かぶのは牡蠣です。牡蠣は味覚障害を緩和し、舌をえんびんにし、亜鉛と鉄分も多く含むので貧血予防や免疫力を高める手伝いをします。相乗効果のある食材との組み合わせで調理します。高野豆腐と牡蠣のお鍋や、チーズたっぷりのグラタン、牡蠣のオムレツなど。
牡蠣は「酒毒を消す」とも言われており、お酒をたしなむ時にもお勧めの食材。剥きたての冷たい牡蠣にレモンをギュッと絞るだけでも最高ですが、タバスコもふって下さい。全体がしまって美味しいのと、殺菌効果や生臭さを消す作用もあります。その他、燻製やオイル漬けなども美味。酒、みりん、醤油を煮立て牡蠣をさっと煮て取り出し、その煮汁でお米と春豆を炊く。炊き上がりに牡蠣をもどして少し蒸らしたら、柚子を削る。牡蠣の旨味と香りを堪能できる炊き込みごはんです。
取材させていただいた厚岸漁師さんの手の上の牡蠣はプックリプリプリ、安心もついてくるから嬉しい。
余談ですがヨーロッパでは、牡蠣には(秘められた恋)という隠れた意味があり絵画によく登場したそうです。