2017.11.06

血合いの多い魚は、血を補って精力を上げる効果があり、脳を活性化させます。豊富な鉄分、不飽和脂肪酸、ビタミンB群など血液の循環を良くし、特に血合いの部分は貧血予防に有効的です。かつおのサクを購入し、皮目を炙って切り分け器に盛り、たっぷりの細ねぎ、薬味を添えてポン酢でいただく土佐の郷土料理は皮ごとの栄養価も摂取でき◎。皮なしのサクなら全体に、にんにくの切り口をこすりつけ、塩、胡椒をふり、よく熱したフライパン(ノンオイル)で表面を転がしてこんがり焼くとお肉みたい、マヨネーズも合いますから育ち盛りにも。お刺身ではおろした生姜やにんにくもお味と共に殺菌、防腐効果もあって魚によく合います、少しゆるく練った辛子も粋。
それから水にさらしたオニオンスライスをしき、塩こうじ、胡椒、オリーブオイルを混ぜたソースでカルパッチョ風も手軽で相乗効果のある組み合わせ。時間をかけて作られる日本が誇るお出汁のもとの鰹節は、美肌効果も高く、お味噌汁やふりかけなどにして毎日いただくと肌が潤います。