2015.12.29

写真

地中深く根を貼るごぼうは、長寿や、家の土台がしっかりして家業が堅固になることを願って食べられます。ゆでたごぼうをたたいて繊維をほぐし、味のなじみをよくしてさらに食べやすくします。食物繊維たっぷりで香り豊かなごぼう、つい食べ過ぎるお正月の体調も整えますよ。作り方=皮を包丁の背でこそげ取ったごぼう2本(150g)を20㎝くらいに切って酢水に10分ほどさらす。フライパンを弱火にかけ、ごま大さじ6を入れ絶えず揺すりながら香ばしい香りがするまで乾煎りして熱いうちにすり鉢に入れて半ずりにし、きび砂糖大さじ1半、酢、醤油各大さじ2を加え混ぜあわせる。鍋にたっぷりの湯を沸かし(1リットルなら酢大さじ1を入れ)3、4分茹で、熱いうちに綿棒などで軽く叩いて5㎝幅に切る。熱い内にゴマだれと和える。簡単なのにきちんと作れる「おせち料理」成美堂出版P24より