2017.9.28

写真

新米の季節になりましたね!毎年日本のお米は世界一だとピカピカの銀しゃりをみて深く思います、良い香りと甘みが口中に広がる。好きなお米の一つに奥出雲の「仁多米」があるのですが、もちもちとした食感が特徴。山間が広がる畑の中の田植えは楽しく、稲刈りもできるだけ参加します。お楽しみのご褒美にいただくお結びをほうばる。お米を収穫した土地の水でごはんを炊くことも美味しさに繋がっていますね、これはとても贅沢なことです。新米の季節はほぼ毎日炊きたてを楽しむのですが、湯気の立つごはんにおろしたての山葵でいただく卵かけごはん、ジュワッとごはんに溶けるバター醤油ごはん、黒胡麻と海苔を佃煮風に炊いたものなど気分によって。皆さんのお気に入りの食し方はどんなでしょう?と想像も楽しく今日もまた、昆布と炊いた塩にぎりをむすびながら思います、おむすびは良縁を結ぶ気持ちから握られてきました、私もいろいろな気持を込めて結んでいます「心に通ずるものは胃を通る」きっと心が通じるはずです。