2020.5.09

写真

玉葱の旬は春と秋の2回。体を温める作用があり、玉葱とにんにくに含まれる辛味成分の硫化アリルは、ビタミンB1の吸収を助けるので、豚肉などと合わせるポークシチューや生姜焼は理想的なおかずです。玉葱と酢のクエン酸と合わせると、血液をサラサラにする効果がさらに高まります(たまねぎピクルスなど)。
胃の働きを助けるので胃もたれの改善にも役立ちます。血中の資質を減らして体内の余分なナトリウムを排出する効果が期待出来るので、高血圧や動脈効果予防にも良いですね。
オニオンスライスなど生で食べる時に水に放しますが、3分以内にして硫化アリルの流出を防ぎます(新玉ねぎは水にさらさずそのまま頂いて下さい)。鰹節をふるだけで美味しさが増します、ぜひフライパンで鰹節をサクサクに乾煎りしてたっぷりふって下さい、香りがたって食感のコントラストでさらに美味しく感じます。
火を入れると甘みが増す玉葱、シチューやカレーに入れる時は、皮を剥いた丸ごとをラップに包んで6〜8分ほど加熱し、トロリと甘い玉葱を活用すると時短にもなります。