2015.4.29

少し前までは天皇誕生日でした。実は、ヨウニク(429)の語呂合わせから、羊肉の日でもあるんですよ。生後1年未満の羊の肉(ラム)はとても香りがよく、柔らかで調理もしやすい。スーパーマーケットなどでも骨つきラム肉が手軽に入手できるようになり、見栄えもするのでパーティーなどにも◎。ラム肉は、数あるお肉の種類の中でも、脂肪燃焼効果が期待できるエルカルニチンが豊富で、ダイエットにもいいでしょう。水気をよくふいたラム肉を、粗塩と挽きたてのこしょうで焼いただけでも美味ですが、ミントソース(※1)や、柚子こしょうソースなど、香りが爽やかなソースをかければワンランクアップ! でも、1番のお気に入りの調理法は、ダークラムベースで作った手作りのバニラエッセンスでフランベです!

(※1) 洗ったミント 半カップ分、レモン果汁 大さじ1 or 酢 大さじ1、オリーブ油 大さじ1~2、きびざとう、粗塩、挽きこししょうは各少々、以上をすり鉢でする。(ミキサーでも可)