2016.9.30

写真

お砂糖の入っていない、甘いチョコレートやココアになる前のカカオのお話し。鉄分やマグネシュウム、マンガン、食物繊維などが豊富で抗酸化作用も高い。カカオだけに含まれる幸福感をもたらす「アナンドアミド」と言う神経伝達物質には、軽くテンションが上がってリラックスする効能があるそう。甘さはほとんどなく、心地よい苦味が大人っぽいカカオのチップス。オフィスにはいつも、誰かのお土産やカカオ二ブス、ドライフルーツ、クコの実などのおやつが置いてあります。私は疲れた時にカカオ二ブスをそのまま口に放り込むのですが、オフィスの男性陣は苦いからとクランベリーのドライフルーツと一緒に口に入れて楽しんでいます。確かにクランベリーの甘酸っぱさとほんのり苦いカカオ二ブスの食感が絶妙、栄養価の相乗効果と共に美味しさも上がっています。いろいろな風味のナッツと合わせて口さみしい時の携帯おやつにしましょう、カレーに入れるのもいい。血液をサラサラにし、体のラインも変わります。