2020.4.03

新玉葱・新玉ねぎ・レシピ

水々しく真っ白な新たまねぎは3月〜4月が旬、辛味が少なく甘みがあって美味しいですね。薄くスライスして、おかかやおろし生姜でたっぷり頂くなど、生食を楽しんで下さい。それから毎年楽しむ一皿に、新たまねぎとチキンの山椒煮があります。水を1滴も使わないのに驚くほど水分が出ます。厚手の鍋に半分に切った2個分の新玉ねぎを入れ、塩を全体に揉み込んで一晩置いた骨つき鶏もも肉2本をのせ、山椒の実塩漬け大さじ1半、オリーブオイル(大さじ3~4)を全体にまわしかけてふたをし、時々鍋ごとゆすりながら中弱火で40分ほど煮込みます。鶏のうまみを新たまねぎが吸い、新たまねぎは鶏をホロリと柔らかくして全体を甘くします。ここに山椒の実が入って、お皿の中をパチンと引き締める。シンプルイズベストの春の一皿です。
カリウム、アリシン、リンが豊富、購入時は皮が透き通ってツヤがあり、手に持って重いものを選びましょう。