2020.8.11

ハーブ・ホップ・ビール・ハーブ・セイヨウカラハナソウ

この時期に楽しみなホップ、花期がちょうど今頃(8月〜9月)です。数年前、奈良県の曽爾(そに)村のホップ畑に出かけました。摘みたてのホップをひともみして浮かべた地ビールと、おつまみにホップのフリットをいただきました、贅沢ですね。ホップのス〜ツとする香りと冷たいビールの喉越しがなんとも爽やか、ストレスも洗い流してくれるようです。このホップの成分は、ビールの香りと苦味を作り、泡持ちをよくして濁りを取りのぞくなどの作用があるそうです。西洋ではハーブとしても古い歴史があり、神経を鎮める効果があるので、精神を安定させ、睡眠薬としても愛用されてきました。北海道でも広大な畑にお邪魔しました。見上げる高さのホップのツルが、カーテンのように風にそよそよとゆれて香り、とても心地よかった。
最近特に口にするクラフトビール、麦芽のブレンド配合で、豊かなコクやフレーバーが変わる。好みの香りとキレがよいビールに出会うと嬉しくなって、おつまみも香りに合わせて楽しみます。