2017.10.31

DSC07532

歩く先々に鮮やかなオレンジ色が飛び込んできますね、今日はハロウィン。写真の可愛らしいカボチャはタイの伝統工芸のカービングがほどこしてあり、私の先生作です!中医学ではかぼちゃは体を温める野菜とされており、豊富に含まれるカロチンは粘膜や皮膚、視力回復に役立ち、ビタミンCは免疫力を高め風邪などを予防。老化防止にも役立つビタミンE含め栄養バランスは抜群。この三大抗酸化ビタミンは油で炒めると体への吸収が良くなります。かぼちゃは意外かも知れませんが、漬物・南蛮つけ・ピクルスなどもお勧め。柔らかく煮たり蒸したものは子供の離乳食や年配の方の滋養食にピッタリ、糖尿病の方にも良いそう。かぼちゃの種干しは漢方やドイツでは薬用として有名で、手作りするなら種を洗って2、3日干すかレンジにかけて乾燥させます。その後、フライパンで乾煎りしたり油で揚げ焼きなどにして塩少々をふる、泌尿トラブルに特に効果的です。