2018.3.19

IMG_3381

桜が咲く季節には、せりを沢山入れたせりご飯を作ります。せりの半量をごま油で炒めて(アクを取る意味もあります)ご飯と混ぜる。油気とよく合うので、おあげや牛肉を加えてもいいものです、残り半量は刻んで加え全体をサックリと混ぜ、仕上げにゆかりとすりごまをふる。お花見で桜を見上げながらいただく毎年楽しみなお弁当。せりは、多年草できれいな小川や水辺、田んぼなどに生える香りがよい春の7草の一つ、古来から食養生にも使われてきました。 病気を防ぐ という意味合いで、七草粥にも入っていますね。せりには血液を正常に保ち、貧血の予防効果があり、特有のよいの香りがストレス緩和に役立ちます。