2018.7.13

とうもろこしは米、麦に並ぶ世界3大穀物。糖分が高いので、エネルギーの補給源にもなります。購入したら栄養価が急速に下がるので直ぐに調理しましょう。毎年、生のトウモロコシを炊き込みごはんにしたりかき揚げにするのが楽しみ、甘みを生かしたすっきりとした和風スープもいいものです。作り方は昆布を水につけておき、ここにとうもろこしの芯と玉ねぎを入れて弱火にかけてフタをし、20分ほどゆっくり煮る。とうもろこしの粒を入れ、好みの加減に煮たらハンドミキサーで撹拌し、白みそを溶き入れる。冷たく冷やすと夏に楽しむ冷製コーンスープになりますが、温かくても美味しいものです。とうもろこしは利尿作用が高く、繊維が多いので便秘やむくみを改善します。
明日はとうもろこしの炊き込みごはんのご紹介です。