2020.7.19

鬼灯・ほおずき

浅草など、あちらこちで開かれていたほうずき市は、江戸時代から続く日本の夏の風物詩。季節になると母が必ず買ってくるほうずきを見ると、赤い身の中から種だけを取り出す遊びに挑戦し、苦味をこらえて膨らませていた幼少の頃を懐かしく思い出します。ある日の晩、ほおずきの赤い外袋に何気ない夕食のお惣菜をそっと入れて副菜とし、食卓に出してくれた母を素敵だなあと思った記憶があります。
17、8年ほど前に、海外の黄色い西洋食用ほうずきを始めて口にした時は、そのココナッツの風味がする美味しさにびっくりしたものです。
今日ではゴールデンベリーとも呼ばれるスーパーフードとされ、ドライフルーツも手軽に購入できるようになりました。国産の食用ほうずきに北海道で出逢合った時の感動も忘れられません。色とりどりの紙風船のような優しい色合いが美しく、嬉しくなってお土産にたくさん持ち帰りました。これから秋にかけてが旬の食用ほうずきです。