2019.3.23

DSC03141

桜がチラホラ咲はじめましたが、今日は寒いですね。こんな日は冷蔵庫のあまり野菜と生薬・スパイスでコトコト煮込んんだスープカレーを作ります。たっぷりのサラリとしたスープカレーは北海道生まれ、元はスパイスと漢方から生まれた薬膳カレーで、寒さが厳しい北海道で生まれるのは必然的ですね。北海道でいただくと、どこのお店も試行錯誤しており、香り豊かで、様々な生薬やスパイスの調合が複雑に絡み合っていて美味しい。お店によって多種多様、私が好きなベースはやっぱり骨つきチキン、いろんな野菜と煮込まれていますが、さらに別仕立ての揚げ野菜や茹で野菜がのっており、トッピングも沢山あって楽しい。ごはんにレモンをさっと絞り、スープの方にごはんをのせたスプーンを浸していただくのが道産子の食べ方だそう。
今日は、揚げたてエビフライを添えて思いっきり辛いスパイスカレーです