2015.7.24

写真

ウニの種類はムラサキウニ、アカウニ、バフンウニなどがあり、約2500年前から食されているそう。葉酸がたっぷりで鉄分も豊富、乾燥肌も潤す効果があります。アリストテレス(古代ギリシャの哲学者)はウニの口器を見てランタンのようだと言ったので、アリストテレスのランタンと伝われており、このランタンが日本の提灯に変わったとか。とりたてのウニの殻を半分に割ってスプーンですくう。コクのある甘いウニをいただいた後は、宿のお父さん(漁師さん)おすすめの焼きウニにする。合わせるのは、日本酒をツブ貝に入れた出汁の効いた熱燗。青くて広い空と通り道に広がるラピュタのような草花、コバルトブルー&グリーンの透き通った海など感動の嵐。それと、最高だった天売島・栄丸さんの海鮮炭火焼とムラサキウニとお宿のお母さんのチャーミングな笑顔!