2019.5.22

DSC03282

行者にんにくは山菜。花が咲いて食べ頃になるまで5〜7年ほどの長い期間がかかります。にんにく、ニラ、玉ねぎと同じユリ科のネギ属多年草、北海道天然ものは3月〜6月頃が旬となり希少な特産品です。アイヌの人達は春に採集し、乾燥させて保存することもあるそう。アイヌ料理の「オハウ」鮭や鹿、野菜と煮たスープ)にも入っていました。
今まで食感を残すように茹でて、食べやすく切って醤油に漬けていましたが、新鮮なうちにそのまま食べやすく切って漬ける山菜名人の方法に切り替えました、炊きたてのごはんに卵黄とのせていただくのが定番だそうです、美味しそうですね。アリシンを多く含み、抗菌作用が高いので元気になります。