2021.6.26

ナツメ・棗・大棗・漢方・薬膳・生薬

今日は雨季の薬膳講習。ナツメ茶を飲みながらの座学と料理教室なのでナツメのお話を少し。
ナツメは9月〜10月頃に実る小粒の実で、色つく前は青りんごのようなかたさと風味がし、赤く完熟すればしっとり甘くなります。
中国ではナツメを日常的に食べいるそうで、1日3個のなつめを食べれば元気でいられると言われることから、秋に実る庭のナツメをポプュラーに楽しむそうです。
ナツメは昔から珍重される五果の一つ(季・杏・栗・桃・棗)で、効能が高いので葛根湯にも入っています。乾燥させたものは、大棗(たいそう)と呼ばれ、中医学では頻繁に使われる生薬です。
気を補い、血流を増やし、精神を安定させる効能があると言われています。
ナツメ茶を作る時にはそのまま加えるより、半分にちぎって煮出しましょう。クコと合わせると効果も高まりふんわり甘い、紅茶と合わせても美味です。料理では、参鶏湯サムゲタンなどによく入っていますね。煮物、ナツメ酒、ジャムなどにしても良いし、薄切りにしてカラカラに干したものもお勧めです。