2021.6.21

野菜・トウモロコシ・わかもろこし・コーン・食薬・薬膳・食養生

とうもろこしの炊き込みごはん、甘みがあって旬ならではの美味しさですね。ポイントは出来るだけ新鮮な生のとうもろこしを使うことです。とうもろこしは実を包丁でこそげておきます。ごはんを洗い30分水に浸してザルに上げる。鍋か炊飯器に洗った米、同量より少なめの水、酒少々、粗塩3つまみ、昆布一切れ、とうもろこしをこそげた後の芯を加えて普通に炊くきます炊き上がり3〜5分前に芯をとり除き、とうもろこしの実を加えます。炊き立ては格別ですよ、ぜひ堪能して下さい。
暑くて水分をとりすぎた時など、胃が重くなることがありますが、とうもろこしは胃をスッキリとさせ、身体の余分な水分を排出させてむくみをとります。ひげが茶色くなったもの、実の先に丸みがあるものが甘いようです。
皮中のやわらかなヒゲは、ざるに広げて乾燥させ半量になるくらいまで煮詰めると、むくみがとれるヒゲ茶になります。