2017.5.26

日中が熱くなり、もうすぐ「冷やし中華始めました」の文字がお店でも見かけるようになるでしょう。ラーメンのイメージがある北海道では「冷やしラーメンあります」を見かけ、関西地方一部では「冷麺」(韓国のではなく、単純に冷やす麺の略だそう)と壁のメニューにのっており、東海地方ではコンビニで冷やし中華(マヨネーズが必ず添えて販売されている)が出始め、それぞれ特色があってちょっと楽しい。どれも野菜がたっぷり、食欲増進と疲れをとるために酢を効かせたさっぱり麺は、暑い季節を乗り越える為に考案された麺料理。麺を茹でたらシャキッと氷で〆め、水気をしっかりきって器に盛り、たっぷりの野菜やハムを刻んでのせる。冷やし中華のタレの作り方=醤油大さじ4、酢大さじ3、きび砂糖大さじ2、ごま油大さじ1半〜2(あればカシューナッツをすったものか練りゴマを少し加えるとコクがでる)を混ぜて麺にかけ、柔らかめの辛子を多めに添える。ごまはそのままかけるより、乾煎りにしてする(手でつぶしても)と香りが立ち、身体に吸収されやすくなる。酢と合わせることでゴマのカルシュウムも効率よく摂取できます。最後にギュッと柑橘類をしぼると爽やかですよ。