2020.1.17

DSC09230

寒いに日には特に美味しく感じる熱々の麺類。今日は殊の外冷えるので、おろし生姜をたっぷり添えて卵とじのおうどんに。鰹昆布出汁を温めて、醤油やみりんで味付けし、水で溶いた葛(片栗粉)で濃いめの色ととろみをつけます、これをべっ甲あんと言います。うどんの大部分はデンプンの炭水化物です、胃に収まっている時間が短く、消化されやすい。出汁や加えた素材の栄養を丸ごと摂取できるので、バランンスが良い食事になります。
卵ですが、鍋のうどんに溶いてそのまま加えても良いですが、別の小鍋に少々の出汁を温め、溶いた卵を流すとふんわり。器に盛ったうどんにのせると美しい仕上がりになります。あんで閉じると料理が冷めにくくなる利点もありますね。卵は体に吸収されやすいタンパク質、生姜と葛は生薬でもあります、血行を良くし体を温めます