2019.9.09

IMG_6856

ラペソーは約半年から1年ほどかけて茶葉を発酵させたミャンマーの郷土食、漬物のようなイメージです。ミャンマーはイギリスの植民地でしたので、お茶を飲む文化も盛んな土地柄、飲むだけでなく、料理にも展開されています。ラペは「茶」、ソーは「湿った」の意味を持ちます。確かにしっとり湿っており、ほのかな酸味があって、後味に少し苦味が残ります。ミャンマーのお母さんが作るお惣菜は、苦味のある野菜がクタクタに煮てあったり、辛味とたっぷりのオイルで煮た魚、スパイスでじっくり煮込んだ肉など保存性も高めた料理が多い。私は乳酸キャベツと混ぜてカレーの付け合わせにしたり、唐辛子入りの酢をかけたりして楽しんでいます。現地では(ラペットウ)と言うサラダにもされます。ラペソーと刻み野菜に、レモン果汁、にんにく、青唐辛子、すりごまなどで味付けし、アジョゾンと言われる素揚げした豆やナッツがたっぷり混ぜてあります。旨味のある干しえびも入って、食感のコントラストが楽しいのです。タイの北部や中国雲南省でも食べられるラペソー、興味深い発酵食です。