2020.1.19

毎月出張している鳥取県で、酒粕と烏賊を合わせた白菜の漬物をご馳走になりました。いかはスルメイカを干したものを戻して使っており、白菜と酒粕に干しいかの絶妙な旨味が加わわったオツな保存食。酒粕は漬け込み調理をすると素材を柔らかくします。熟成期間の長い練り酒粕が芳醇な香りがし、甘みがあるので使いやすいですね。この香りの元の酵母菌はいろいろなビタミンを含み、菌体そのものに美容効果が期待される成分です。
今年の酒粕をいただいたので、みそとみりんを溶いて干し烏賊を漬けてみました、熱燗が進んで困る感じです(笑)。もどしたスルメイカを少し大きめに切って衣をつけて天婦羅やフライにしたら楽しい一皿に。酒粕はもとより、干したスルメイカを見直した日になりました。酒粕はコラーゲンUPが期待でき、体を温める効能もあります、日常的に食べたいですね。