2017.7.06

素麺はもともと中国の索餅(さくべい・小麦粉などを練って縄状にしたもの)が由来。中国の古事から伝説になり、江戸時代から無病息災を祈って七夕にいただく風習が広まりました。実際、暑い日には食欲も落ち込みますが冷たく食べやすい素麺はスルスルと喉を通りやすい、タンパク質と合わせれば夏バテ防止になります。梅干しを漬けた方はぜひ出汁に白梅酢を加えて下さい、クエン酸が元気を作りますよ。その他、出汁醤油に酢橘とゼラチンを加えたポン酢ジュレや出汁と梅肉の組み合わせ、蒸し鶏、甘辛く煮付けたおあげ、野菜のお浸し、薄焼き卵等を細切りにしたものを好みで添えて。薬味は薬の味と書きますね、ねぎ、みょうが、にんにく、しょうが、しそ、三つ葉、ゴマなどそれぞれ薬効があるのでたっぷり添えてください。小粋な七夕そうめんパーティなんて楽しそうです。