2018.11.30

小松菜の原産地は日本で、江戸時代から東京江戸川区の特産品です。カルシウム、ビタミン、鉄分、カロチン、食物繊維が豊富なので風邪予防、貧血予防の他、骨を丈夫にする作用があります。中医学では歯周病予防に良いとされていますよ。小松菜のシンプルな食べ方です。鍋に水を入れ沸騰したら塩を加えて茎の方から茹で、冷水にさっととり水気を絞ります。醤油を全体にかけて下味(地あらい)をつけ、再度ギュとしぼって食べやすく切って器に盛り付ける。この一手間でひと味もふた味も違う美味しさが生まれます、お好みでおろし生姜や鰹節を添えて下さい。
その他、フライパンにザクザク切った小松菜とオリーブオイルと塩をパラリとふり、フタをして強火で蒸し炒めにすると栄養も逃げにくい。小松菜はアクが少ないので生でも食せます、りんごやレモン、はちみつなどを加えたジュースにしてもバランスよく美味しくいただけます。