2015.7.02

写真

グリーン色のトマトはまだ未熟な状態で収穫したものと、グリーンゼブラと呼ばれる熟しているのに赤くならないような品種があります。フランスではトマトをポムドール(黄金の林檎)、ポム・ダムール(愛の林檎)とかつてはロマンチックな呼び名で読ばれていました、もちろんこれは真っ赤に熟したトマトの話。トマトは赤くなって初めて美味しくなるイメージがありますが、ベランダ菜園のトマトをもぎとって試してみたいレシピあります。青いトマトに穴を数カ所開けて、ぬか漬けにする、アメリカの郷土料理で、同名の映画にでてくるカフェの名物料理「フライド・グリーン・トマト」!